2010年12月31日金曜日

和歌山県も携帯フィルタリングを開始したら13歳以下少年非行が急増

和歌山県のサイトによると、

 上のグラフのように、和歌山県でも、携帯フィルタリングを開始したら、平成21年に少年の犯罪が増え(平成22年には、少年全体では犯罪減)ています。

http://www.police.pref.wakayama.lg.jp/statistics/hikouH25.pdf
和歌山県は、2010年に青少年対策テーマ「有害サイトから、子供(我が身)を守ろう」を設定して少年携帯電話フィルタリングに注力した。

和歌山県の13歳以下の少年の犯罪を示す触法少年の数値を見ると、2010年(平成22年)に、185件に、過去10年間で最大の犯罪数に急増しています。2011年には更に増加しました。
 携帯フィルタリングによる抑圧が青少年の犯罪を誘発していると考えられます。

 更に、2012年7月1日から、両親に青少年携帯フィルタリング努力義務を課しました。
 そのためか、和歌山県の2012年の強姦犯少年検挙人数が4人(それまでは0人だった)に急増し、
和歌山県の2013年の1月から11月の強姦認知件数は2012年の同期間と比べると、14件/5件であり、2.8倍に急増しました。

(ハワイ大学 Milton Diamond, Ph.D., et al., International Journal of Law and Psychiatry 22(1): 1-22. 1999)
 ポルノを許容する国は性犯罪が増えるかもしれないという懸念や、ポルノを許容したら青少年が悪影響を受けるか、あるいは、社会が何か悪い影響を受けるかもしれないという懸念は、立証されていません。
 我々のデータから、明らかに、日本では利用可能なポルノの大幅増加は性犯罪の劇的な減少と相関している。特に、若者の加害者と被害者との間の性犯罪の劇的減少が顕著。
 なお、和歌山県の2010年度(平成22年度)の、全年齢層による強姦犯罪件数は、前年度よりも73%増加しています。

リンク:
ポルノの大幅増加が性犯罪の劇的な減少と相関関係がある。特に青少年の間の性犯罪において顕著。
マンガを規制すると13歳以下の少年による強姦犯罪が増す
東京都の少年非行の推移(13歳以下の刑法犯罪が急増)
神奈川県でも携帯フィルタリングを開始したら少年による強姦が増えた
アニメやインターネットが少年非行(恐喝)を減少させたかも
東京都の強姦犯罪件数
スウェーデンの表現規制
群馬県でも携帯フィルタリングを開始したら少年による強姦が増えた


0 件のコメント:

コメントを投稿